フリーランス 仕事探し情報 成功例・体験談

フリーランスで安定した収入を得たいなら、常駐勤務の仕事が大切

更新日:

null
私は現在、フリーランスのシステムエンジニアとして営業しています。
フリーランスになって、もう6年目になりました。
現在はいくつかの案件をかかえており、マルチタスク状態です。

そんな私の仕事の探し方、稼ぎ方をご紹介します。
これからフリーランスエンジニアを目指す人や、現在、仕事探しや稼ぎ方に悩んでいる同業者の参考になれば幸いです。
 

フリーランスエンジニアの仕事は作業タイプで2種類に分けられる!

フリーランスエンジニアとして私がしている仕事は、作業のタイプで分けると2種類あります。

ひとつは、顧客先現場で作業(勤務)する形態。クライアント先での常駐勤務です。
もうひとつは、自宅にて作業を行う案件。つまり在宅ワークタイプになります。

稼ぐ上で重要になってくるのは「クライアント先での常駐勤務」で、この仕事があるかないかで収入の安定性がまるで違ってきます。
 

常駐勤務は安定した収入源になる!

顧客先現場での作業、つまり常駐勤務の案件ですが、こちらのタイプのほうが仕事としては主軸になります。

やはり月々に決められた日数クライアント先に通って作業しますから、確実に収入が安定します。
フリーランスで生計を立てる上で、常勤契約は外せません。

私の場合は、現在2つの企業と契約し、現場で常駐作業をしています。

ひとつは某大手企業の業務プロジェクトに業務アプリケーション開発エンジニアとして参画しています。
月曜日~金曜までの常駐勤務契約です。
ほぼ暦通りの出勤スケジュールで、こちらの案件が私にとってもっとも売上になる重要な顧客となります。
こちらの企業の案件に関わったことで、フリーランスでいられるようなものです。

そして、もうひとつは週1日、土日のどちらかに勤務する契約です。
こちらでは、社内インフラ整備及びホームページの管理などを行っています。

フリーランスの常駐勤務も、内容はサラリーマンと変わらない

客先に出向いて仕事する常駐勤務は、感覚的にはまったくサラリーマンと同じです。

ただし、私の場合を例に挙げるなら、サラリーマンよりは少し忙しいと感じます。

たとえば、昼休みに他案件のチェックや連絡をしたり、その他の事務作業も行ったりしています。
請求書なんかも隙間時間でスマホで作ってメール送信するなど、細々した仕事も行います。
基本的に1人で動いていますので、面倒な事務処理などもすべて自分で片付けなくてはいけません。

常駐勤務を探すなら、フリーランス専門の案件紹介サイトが便利

このように、ときには想定外の細かい仕事がつくときもありますが、それでもフリーランスとして働くなら常駐勤務タイプの仕事は1件は獲得しておくことをおすすめします。

常駐案件を探すときには、やはりフリーランスエンジニア専門の案件紹介サイトが便利です。
困ったときにはサポートもしてくれますし、案件選びの相談にものってくれます。

フリーランスエンジニア用の案件紹介サイトで大手といえば、やはりレバテックフリーランスや、ギークスジョブあたりがおすすめでしょう。

ほかには、業務系案件に強いPE-BANKや、高額案件が多いHigh-Performerもいいと思います。

 

在宅ワークタイプは、スケジュールの隙間を埋めるように活用する

前述した常駐勤務タイプ以外の開発案件はすべて自宅で作業、つまり「在宅ワークタイプ」として仕事しています。

在宅ワークタイプの仕事は、単体の開発案件がほとんどです。
新規で仕事を探す場合は、インターネットでの案件情報から探すところからスタートします。
クラウドソーシングのランサーズや<クラウドワークスは、在宅ワークタイプの案件を探すときに便利ですね。

私の場合は、常に案件をチェックしているわけではありません。
既存の仕事(常駐勤務)や顧客もありますから、仕事のスケジュールが埋まっている期間は営業活動はしないようにします。

スケジュールを管理して、ある程度時間が空きそうな時に期間を定めて、ひたすら営業活動をするのです。

その期間は大抵2カ月程度です。
もちろんこの間も日中は仕事をしています。営業するのはたいてい夜になります。

またインターネット以外でも、これまで関係した仕事から構築した人脈などにより、開発業務の中間業者の営業担当者さんとアポをとり、打ち合わせをして情報交換をします。

他にも営業期間以外は、大なり小なりかまわずに、アプリケーションの開発などを請け負い作業をしています。
 

フリーランスは常駐勤務を主軸にして、在宅ワークタイプで収入を増やす

null
このように、私は常駐勤務タイプの仕事を中心に、在宅ワークタイプを副業のように活用して、収入を安定させて6年間フリーランスとして生計を立ててきました。

フリーランスとして働くなら、常駐勤務タイプの仕事を1,2件獲得すると、収入の安定度がまったく違ってきます。
フリーランス専門の案件サイトや人脈を利用して、常駐勤務の仕事を探すことをおすすめします。

その常駐勤務を主軸に、クラウドソーシングなどを利用して在宅ワークタイプの案件を加えれば、かなり安定した収入が実現できるはずです。

この働き方ではなかなかスケジュールが空かず、忙しく過ごしていますが、それがフリーランスのいいところですから。
やればやったなりに成果が出ますよ!

同じフリーランスの方の参考になれば嬉しいです。
 

フリーランスの常駐案件を探すのに役立つ、当サイトの記事はこちら!

おすすめ記事

null 1

Webライティングを続けていると、誰もがぶつかる壁があります。 それは記事単価! クラウドソーシングサービスで案件を探していると分かりますが、Webライティングの報酬は文字単価にして0.3円から0.5 ...

null 2

私は現在本業を持ちながら、クラウドソーシングで副業をしています。 その内容は主にWebライティングです。 クラウドソーシングで副業って、いったいいくら稼ぐことができると思いますか? たいしたお金になん ...

null 3

フリーランスエンジニアになって、一番の悩みどころ。 それは仕事探しです! 独立前からお付き合いがあるクライアントをお持ちのフリーランスでも、ずっとそれだけで仕事を続けられるわけではありません。どうして ...

null 4

私は現在、フリーランスのシステムエンジニアとして営業しています。 フリーランスになって、もう6年目になりました。 現在はいくつかの案件をかかえており、マルチタスク状態です。 そんな私の仕事の探し方、稼 ...

null 5

私は以前、婚活パーティーの主催企業に関わっていたのですが、そこでサラリーマンの方を中心に広まっていた副業の方法をご紹介します。 それは、婚活パーティーや恋活イベントへの集客協力です。 これが意外と稼げ ...

-フリーランス, 仕事探し情報, 成功例・体験談
-, , , , , ,

Copyright© フリーランスで仕事しよう!楽々見つかる、仕事探しの方法まとめ , 2017 AllRights Reserved.