フリーランス 成功例・体験談 稼ぐノウハウ

フリーランスの仕事探しに役立つ!クラウドソーシングの使い分け方

更新日:

null
自由な時間に働くことができるクラウドソーシングは、細切れ時間を活用したお小遣い稼ぎだけでなく、フリーランスの仕事にも利用できます。
しかし、最初のうちは思うように仕事が続かないこともあるので、専業をあきらめてしまう人も多いのではないでしょうか。

私も、はじめは記事作成特化型のクラウドソーシングに登録していたのですが、仕事が途切れる辛さを何度も体験して、とても焦りました。

ですが、それは総合型のクラウドソーシングを複数利用することで解決します。
それぞれのクラウドソーシングの特徴を生かすことで、効率よく仕事を探し、途切れることなく案件を得られるのです。

それでは、私が実践しているクラウドソーシングの使い分け方をご紹介します。
 

特化型クラウドソーシングだけでは、仕事探しには足りなかった

私の場合、最初に登録した記事作成特化型のクラウドソーシングでは、月を追うごとに記事に要求される条件が厳しくなり、単価も下がってしまいました。
開始から半年で、記事作成案件がまったく無い日がどんどん増えてしまったのです。

記事作成特化型のクラウドソーシングでも、案件が豊富な時には、細かく探す必要が無く続けて書けるので、時給換算900円程度で安定して稼げました。
しかし、案件が減ってしまった2016年12月以降はまったく稼げず、記事特化型だけでは限界があることを思い知らされました。

そこで、私はランサーズクラウドワークスシュフティといった、総合型のクラウドソーシングにも登録することにしたのです。
 

総合型クラウドソーシングは複数登録して、特徴によって使い分ける

総合型クラウドソーシングと一言でいっても、それぞれ特徴があります。
その特徴をうまく生かすと、途切れないように仕事を探すことができるのです。

私の経験でいうと、総合型クラウドソーシングには、以下のような特徴があります。

・最大手のランサーズには、高額案件が集中する傾向がある。
・取り組みやすい案件はシュフティに多く、長期継続の仕事につながりやすい。
・クラウドワークスは、タスク案件が充実している。

このような特徴から、私はそれぞれのクラウドソーシングを目的に応じて使い分けていました。

プロジェクト案件は、ランサーズとシュフティで探す。

私はライティング案件を中心に行っているのですが、長期案件であるプロジェクトはランサーズシュフティで探すと良い仕事に巡り会えると実感しています。

まず、ランサーズは報酬が高い案件が多い傾向がありますので、プロジェクトを探すのにおすすめです。
ランサーズでは、できそうなプロジェクト案件を探して、毎月一定数の提案を行なうことで新規受注を少しずつ増やしましょう。

そして、シュフティは継続案件を得るために利用します。

シュフティで継続案件をゲットして、安定した報酬を得る

シュフティは、ランサーズやクラウドワークスに比べると、案件数が少ないように見えます。

しかし、実は一度案件を達成してクライアントに仕事が認められると、パートナー登録されて案件募集リストに掲載されない直接依頼が来ることが多いのです。

シュフティでは決済手段のみの利用が認められています。
ですから、クライアントは必ずしも案件を公開する必要はありません。
そのため、一度クライアントに評価されれば案件募集リストに載らない依頼が直接届くようになり、長期間に渡って受注できるようになるのです。

このようなクライアントからの直接依頼はランサーズやクラウドワークスにもありますが、シュフティは特に継続案件につながる傾向が強いというのが、私の実感です。

シュフティを利用するときは、まずプロジェクト案件でクライアントの信頼を勝ち取りましょう。
そうすれば、長期の継続案件を得る可能性が高まります。

スキマ時間や仕事が途切れたときは、クラウドワークスでタスク案件に取り組む

タイミング次第で時間が開いたときや、気分転換にタスク案件を行いたいと考えたときには、クラウドワークスがおすすめです。

クラウドワークスは、他のクラウドソーシングに比べて特にタスク案件が充実しています。
タスクをうまく利用すれば、スキマ時間で効率よく稼げます。

また、いつもとは違う案件に取り組むことで、新しいジャンルにチャレンジもできます。
その結果、もしかしたら新しい仕事につながるかもしれません。

クラウドワークスでタスク案件をこなすことで、仕事の途切れを埋めて、リスク回避につなげましょう。
 

複数のクラウドソーシングをバランスよく利用して安定した収入を得よう

null
いかがでしたか?
このように、総合型クラウドソーシングの特徴をうまく利用すれば、途切れること無く仕事をすることができます。

そのためにも、複数のクラウドソーシングに登録しましょう。

いかに案件が多い総合型クラウドソーシングでも、案件そのものは記事発注者側の状況に左右されます。
また、某クラウドソーシングのように頻繁に規約変更が繰り返される場合があり、その影響で予定が一気に狂うこともあります。

つまり、仕事探しに困らないようにするだけでなく、複数のクラウドソーシングを利用することでリスクを分散させるわけです。

フリーランスの方がクラウドソーシングで仕事を探すなら、サービスそれぞれの特徴をつかんで、バランス良く利用することを強くおすすめします。
 

体験談筆者おすすめの総合型クラウドソーシングサービス

・プロジェクト案件を探すなら「ランサーズ
・簡単作業のタスクが充実!「クラウドワークス
・継続案件につながりやすい!「シュフティ

おすすめ記事

null 1

Webライティングを続けていると、誰もがぶつかる壁があります。 それは記事単価! クラウドソーシングサービスで案件を探していると分かりますが、Webライティングの報酬は文字単価にして0.3円から0.5 ...

null 2

私は現在本業を持ちながら、クラウドソーシングで副業をしています。 その内容は主にWebライティングです。 クラウドソーシングで副業って、いったいいくら稼ぐことができると思いますか? たいしたお金になん ...

null 3

フリーランスエンジニアになって、一番の悩みどころ。 それは仕事探しです! 独立前からお付き合いがあるクライアントをお持ちのフリーランスでも、ずっとそれだけで仕事を続けられるわけではありません。どうして ...

null 4

私は現在、フリーランスのシステムエンジニアとして営業しています。 フリーランスになって、もう6年目になりました。 現在はいくつかの案件をかかえており、マルチタスク状態です。 そんな私の仕事の探し方、稼 ...

null 5

私は以前、婚活パーティーの主催企業に関わっていたのですが、そこでサラリーマンの方を中心に広まっていた副業の方法をご紹介します。 それは、婚活パーティーや恋活イベントへの集客協力です。 これが意外と稼げ ...

-フリーランス, 成功例・体験談, 稼ぐノウハウ
-, , ,

Copyright© フリーランスで仕事しよう!楽々見つかる、仕事探しの方法まとめ , 2017 AllRights Reserved.